教会からのお知らせ

■キーワード検索

  • カテゴリー : [HP][今日の賛美花][聖歌隊][行事]
  • 集会や行事の詳しいお知らせ詳細を新しいものから投稿順に表示します。
    ※カテゴリをクリックすると、項目ごとの記事一覧を投稿順に表示します。

2010年度「お母さんといっしょ」募集

「お母さんといっしょ」は、浦和バプテスト幼稚舎への入園をご希望されている幼稚園未就園児のためのプログラムです。

2010年度の申し込み用紙は、2010年2月1日より、教会1階事務室にて配布いたします。

>>浦和バプテスト幼稚舎のサイトはこちら

きたかん 2・11集会のご案内

 今年も、2月11日信教の自由を覚える日を迎えます。
北関東連合社会委員会では、「きたかん8・15集会」に引き続き、「きたかん2・11集会」を行います。
北関東に連なる諸教会・伝道所の皆様と、先達が勝ち取ってきた信教の自由を覚え、学ぶときとしたいと思っています。今年は、「自由とはなんだろう?」というテーマの下、2名の発題者にお話をしていただくこととしました。
現代は、「自由」という言葉があまりにも多用され、なんでも自分の思い通りになることがあたかも自由であるかのように誤解されていたり、「自由」であることが当然の権利のように主張されたりしています。
そこで、お一方からは弁護士という立場から、もうお一方からは聖書から「自由」とはどういうものかをお話していただきます。
わたしたちの生活にとって欠かせない「自由」とは何か、ご一緒に考えてみませんか?
 

日時 2010年2月11日(木)13時~15時
場所 日本バプテスト浦和キリスト教会
講師 桜井和人(弁護士、浦和教会員)
     榎本譲(日本バプテスト連盟教会教育室長、飯能教会員
こちらからご覧下さい>>2.11集会ポスター

教会に手作りステンドグラスを飾りました

浦和教会では今年度から数年計画で、教会堂の窓をクリスマスステンドグラスで装飾します。今年度正面玄関2階に、イエス・キリスト誕生の場面を飾りました。

DSC_0363

 

DSC_0371

DSC_0359

クリスマス街頭募金のご報告

12月6日、13日と北浦和駅西口で街頭募金活動を行い、皆様から78,693円のご協力をいただきました。ありがとうございます。
全額を「ペシャワール会」に送金いたしました。

ペシャワールの公式サイト>>http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/

クリスマス街頭募金のお願い

今年もクリスマスを迎えました。
私たちは毎年この時季に、この北浦和駅頭においてクリスマス街頭募金を行っています。

昨年は合計96,533円の募金をいただきました。その全額を、NGOペシャワール会(中村哲代表)を通じて、アフガニスタン医療・農業活動支援のために送りました。ご協力ありがとうございました。

 中村医師、日本人ワーカー、そしてアフガン農民たちが心を一つにして困難な事業に立ち向かい、6年半の歳月を経て、今年8月、全長24キロに及ぶ灌漑用水路が完成し、荒れ果てた不毛の大地を潤し、緑の大地が広がってきました。
 私たちは、皆様からささげられました募金を、今年も「ペシャワール会」を通じて、アフガニスタン医療・農業活動支援に送らせていただきます。

今年も皆様のご協力をお願いいたします。
今年の街頭募金は12月6日,13日です。
尚、この募金活動は浦和市役所、浦和警察署に届出済です。


クリスマスは

クリスマスは、イエス・キリストの誕生日です。
その誕生のとき、天使たちは「地には平和」と歌いました。
今、平和は?「和解と平和の21世紀になるように」と、祈っています。

 
なぜ、今なお、アフガニスタン支援なのか
私たちは、アフガニスタンを忘れてはなりません。2001年10月、アフガニスタンへの空爆から、世界中に、戦争、紛争が拡大しています。戦争によって多くの人が命を失い、傷を負い、農地、住宅が破壊されたままになっています。
昨年8月26日、農業支援活動に従事していた伊藤和也さんの突然の死に、暴力の連鎖を断ち切ることのできない現実を突きつけられました。しかし、伊藤さんが願っていたアフガニスタンをもとの緑豊かな国に復興しようとする働きは継続されています。
このような時にも、私たちは、「和解と平和」を願い、アフガニスタンの復興を祈り、訴えていきます。
「ペシャワール会」は、アフガニスタンの人々が自分たちの手で復興活動ができるように支援しています。そのために「医療事業、水源確保事業、農業計画、長期にわたる灌漑(かんがい)計画」を立てて、支援し続けています。

>>「ペシャワール会」の公式サイトはこちら

      

 

2009年クリスマス礼拝のお知らせ

今年のクリスマスは、あなたにとってどんな喜びがありますか?
だれと一緒に喜び合いますか?

 クリスマスは、今から2000年も前に誕生したイエス・キリストの誕生を祝う日です。イエスの誕生は、あなたにとってどういう意味を持つのでしょうか。それは、貧しい者、悲しむ者を幸いと言ってくださり、すべての人を罪や悪の縛りから解放してくださるイエスが、あなたのために生まれてこられたということなのです。
 聖書の伝えるクリスマス物語は、希望の見えない暗い世に起こった小さな出来事として、このイエスの誕生を伝えています。それは、革命的な救いの出来事でも、華やかなお祭りでもありませんでした。しかしクリスマスは、その暗闇の中にかすかに輝きだした希望の光です。クリスマスの喜び、それは暗闇に輝く小さいけれど確かな希望を見つけ出すことです。
 2009年のクリスマス、世界の暗闇が一層深まるこの時にも確かに輝く希望の光、そこに現される神さまの愛をご一緒に喜びたいのです。その喜びの光が、わたしたちから世界へと広がっていきますように。

日本バプテスト浦和キリスト教会
牧師 柴田良行

12月20日(日) クリスマス礼拝
 第一礼拝  8:45~9:45☆      
 第二礼拝  11:00~12:10☆★ *礼拝後14:00までクリスマス会(軽食あり)

12月24日(木) クリスマスイヴ礼拝
 第一礼拝 17:00~18:00 こどもと一緒のクリスマス礼拝
 第二礼拝 19:30~20:45 賛美と祈りの礼拝☆★
 第三礼拝 22:00~23:00 祈りと賛美のキャンドルサービス

  ☆は託児(無料)があります。 ★は英語通訳・手話通訳があります。
  

2009年クリスマスチラシ

2009年クリスマスチラシ

2008年クリスマスクランツ

2008年クリスマスクランツ

2008年クリスマス礼拝第一礼拝聖歌隊

2008年クリスマス礼拝第一礼拝聖歌隊

2008年クリスマス礼拝第二礼拝聖歌隊

2008年クリスマス礼拝第二礼拝聖歌隊

                    

2008年クリスマス装飾

2008年クリスマス装飾

  

 

 
 

みことばノート12月分

みことばノートの12月分が出来ました。
日本バプテスト連盟発行の「聖書教育」の学びに沿った聖書日課の
一部、または全部のみことばを掲載しています。
両面印刷し、折りたたんで、ポケットや定期入れにも入れることができます。
こちらからご覧下さい>>みことばノート12月(PDF)

24ページ / 26ページ中« 最初1017181920212223242526