浦和教会の基本的な使命と働き

(1986年9月21日開催/1986年度下期総会にて確認)

(1986年9月21日開催/1986年度下期総会にて確認)

キリストの体である私たち教会は、主イエス・キリストの愛と恵みを感謝し、主の聖霊の導きによって次のような使命が与えられていることを確認し、祈りつつその働きをいたします。
1.イエス・キリストの福音を宣べ伝え、主の十字架と復活を隣人に証し続けます。
マタイ 28:16〜20

2.主日礼拝を中心に、定例集会、各集会を持ち、一人でも多くの人々と共に参加し、キリストの命と力にあずかって、そこから更に新しい証しと信仰表明(告白)の歩みを始めます。
マタイ 28:1 / ヨハネ黙示録 1:10

3.イエス・キリストが教会に命じられているバプテスマ(浸礼)と、主の晩さんの二つの礼典を持ちます。
マタイ 28:19 / マルコ 16:16 / 使徒言行録 1:5
コリントⅠ 11:23〜26   /  使徒言行録 2:42

4.教会に集う幼児から成人までのすべての者は、共に聖書を学び、生活を整え、その営みのうちに自らをキリストの形に成長させます。
エフェソ 4:13〜16

5.教会の具体的な活動を進めていくために、信徒ひとりびとりが“わざ”と献金をもって仕えます。
ローマ 12:1〜8

6.イエス・キリストを中心に、互いに交わりをもち、教えあい、鍛えあい、励ましあい、仕えあって、祈りつつ主を待ち望む者としての生活をすすめます。
コリントⅠ 13:4〜13 / コリントⅠ 12:12〜26